AIに抗う

Aiなんかに負けてたまるか

uTorrent が勝手に起動(自動起動)してしまう時の対処法

以前投稿した、"BitTorrent"が勝手に起動する時の対処法↓

 

www.developer-sosa.com

こちらの記事に対して検索ワードが"uTorrent"でのアクセスが多かったので、

"μTorrent"での対処法を紹介します。

※ほとんど同じです。

 

Windowsとの連携

uTorrentを起動して

左上 オプション>設定

Windows起動時にuTorrentを開始」左の✔を外して、OKクリック。

f:id:developer-sosa:20200318175612p:plain

1

 基本的にはこれでスタートアップ(PC起動時)の設定はなくなります。

 

タスクマネージャーから

上記の対応で私の環境ではタスクマネージャーからは消えましたが念のため。

Windowsマーク右クリック>タスクマネージャー

タスクマネージャーの"スタートアップ"タブ

ここに「uTorrent」がいたら、状態を「無効」へ変更。

f:id:developer-sosa:20200318181602p:plain

2

 

"uTorrent"の閉じ方

スタートアップの設定は上記の対応でなくなります。

最後に、閉じるときに注意しなければなりません。

これは気づきにくいので多くの方がやっていないかと思います。

uTorrentの左上

ファイル>「uTorrentの終了」 をクリック

f:id:developer-sosa:20200318182239p:plain

3

 

まとめ

これでも勝手に起動してしまう場合は、一度アンインストールして再インストールすることをおすすめします。

その際は、以下の記事をもとに進めればスタートアップ設定が適用されず、不要なアプリのインストールも避けられるはずです。

www.developer-sosa.com

 

以上。

 

 

 

 

 

 

 

 

uTorrent インストール手順 自動起動設定に注意せよ。

torrentファイルをダウンロードする際に必要になる"μTorrent"のインストール手順を記します。
※Winsowsです。

ダウンロード

こちらのURLからダウンロードします。
utorrent.jp.uptodown.com

赤枠内をクリックしてダウンロード。

f:id:developer-sosa:20200317234021p:plain
ダウンロード

インストール

ダウンロードしたフォルダを解凍して、インストーラ(".exe"ファイル)を取り出し、実行。
赤枠内をクリックしてください。
※画面の順番が前後していたり、表示されたりされなかったりする画面もあるようです。

f:id:developer-sosa:20200317235630p:plain
インストーラ1

f:id:developer-sosa:20200317235654p:plain
インストーラ2

f:id:developer-sosa:20200318000048p:plain
インストーラ3

"Install Opera browser"左の✔を外します。

f:id:developer-sosa:20200318000122p:plain
インストーラ4

f:id:developer-sosa:20200318000341p:plain
インストーラ5


"Yes, I want to try dashlane for free!"左の✔が外れていることを確認。

f:id:developer-sosa:20200318000556p:plain
インストーラ6

"Create Start manu entry"左の✔を外す。
※これに✔を入れておくと、スタートメニューに追加されます。ここはお好みで。

f:id:developer-sosa:20200318000629p:plain
インストーラ7

"Start uTorrent when Windows starts up"左の✔を外す。
※これに✔を入れておくと、PC起動時に自動でutorrentが起動されてしまい、とてもうざいです。

f:id:developer-sosa:20200318000658p:plain
インストーラ8

まとめ

utorrentだけでなく、torrentファイルをダウンロードするソフトのインストーラでは、関係ない別のフリーソフトをインストールさせたり、Winsowsのスタートアップに追加されたりと、後に面倒になることが多いので、一つ一つ内容を確認することをお勧めします。

以上。

ラズパイで宅内IoT化計画 ~導入編~

レッツIoT。

ラズパイ始めます。

仕事でraspberry pi 、通称"ラズパイ"以上のスペックを持つTinker Boardという見た目はほぼラズパイのシングルボードコンピュータを使用しまして、前々から考えていた宅内IoT化計画のヒントをもらったのでラズパイを導入してみることにしました。

 

購入したもの

ラズパイは非常に多くのモデルがありどれを買うか迷うのですが、IoT化として使うのでWi-FiBluetoothが使えるraspberry pi 3以上を探しました。

Amazonで人気の raspberry pi 3 model b + のスターターキットを、ラクマで中古6500円で購入。

 

 

 

スイッチオン

16GBのmicroSDカードには既にOSのインストーラが書き込まれていたので、電源を入れるとOS選択画面へ遷移します。ラズパイ標準OS「raspbian」を選択インストール。


f:id:developer-sosa:20200314185816j:image

20分ほど待つとインストール完了しました。

とりあえず、Wi-Fi設定して接続できるようにしときました。

osの種類としてはLinuxに分類されますが、Windowsに慣れてる方でも十分操作できるGUIになってると感じました。

 

次回

VNCSSHでの接続設定を紹介します。

 

以上。

【Windows10】エクスプローラーが重い時の対処方法

Windows10でエクスプローラーが重くてしょうがない方への記事です。

原因

デフォルトでクイックアクセスを開いているから

対処方法

エクスプローラーを開く
②表示タブを開く

f:id:developer-sosa:20190828182306p:plain
表示タブ
③右上のオプションをクリック
f:id:developer-sosa:20190828182337p:plain
オプションクリック
④全般タブ、一番上を見ると
 エクスプローラーで開く: クイックアクセス
 となっているので、"クイックアクセス"を"PC"へ変更
f:id:developer-sosa:20190828182356p:plain
フォルダーオプション

まとめ

HDD/SSDの老朽化でこの現象がより感じられるようになります。
そこまで難しくないのでHDD→SSD換装をお勧めします。

以上。

【Python】jpeg,pngなどの画像をPDF変換

久しぶりの投稿でいきなりPythonです…。
マンガを読むのが好きで、自炊本をよく作成します。
画像からpdfに変換する時は、フリーソフトを使っていましたが、
汎用性には欠けるので、今流行りのPythonを使って変換ソフトを自作しました。。

前提

Anacondaをインストールしていること。

準備

まずは必要なライブラリをインストールします。
Anaconda Promptから以下を実行。

pip install img2pdf
pip install Pathlib

コード

#さっきインストールしたライブラリをインポート
import img2pdf,os
from PIL import Image

#Pythonのファイルパス指定は色々と面倒ですが、
#下記のようにパスの頭にrをつけるとうまくいきます

#ベースとなる画像を置いてあるフォルダパス
base_Image = r"C:\Test\PDF_Test\image" 
#pdfを作成したいフォルダパス
Create_pdf = r"C:\Test\PDF_Test\pdf"
#画像の名前(拡張子含む)
Image_Name = "image1.jpg"
#pdf化したあとのファイルパス(拡張子含む)
pdf_name = Create_pdf + "\\" + str(Image_Name) + ".pdf"

#chdirでカレントディレクトリを移動
os.chdir(base_Image)

#Pillowモジュールを使用し画像の読み込み
img = Image.open(Image_Name)
#画像を回転 必要があれば使用
img = img.rotate(-90, expand = True)
#pdfファイルへ変換
cov_pdf = img2pdf.convert(Image_Name)
#pdfファイルを読み込み(pdf_nameで指定したpdfがない場合、pdf_nameをファイル名として新規にpdfファイルを作成)
file = open(pdf_name , "wb")
#pdfファイルを書き込み
file.write(cov_pdf)
#開いているファイルを閉じる
img.close()
file.close()

まとめ

今回は一枚の画像をPDF変換しましたが、複数枚変換したい場合は
for文をうまく使いましょう。必要であれば記事にしますので、
お問い合わせお願いします。
次回は複数のPDFを統合する方法を紹介します。

Google Adsenseの審査にたった18日、6記事で合格してしまったお話

眠くてしょうがないけど、驚きとうれしさから手が勝手に動いてます。

さて、タイトルの通りはてなブログを始めて18日、6記事でGoogleAdsenseに合格した私が、合格までにしたことを紹介します。

 

まずは記事を書く

記事を書かなきゃブログは始まらない。

仕事も忙しいのでとりあえず3日に1記事ペースで書きました。

書くときに気にしたのは、当たり前かもしれないけど読み手が何かを得られる記事です。自分の意見を書くってよりかは自分が今までわからなくて困ったことを伝えるように意識しました。

初記事が6月6日でちなみにこの日に最初の審査出してます。(笑)

色々設定

ブログのアイコンや概要などの検索エンジンの最適化を実施しました。

具体的にはこちらの記事をご参考にさるとよいかと。

nomado.hatenadiary.com

お問い合わせ・プライバシーポリシーの設置

合格までに必要なことを調べていると、お問い合わせとプライバシーポリシーは設置した方がいい、という記事をよく目にしたので作成しました。

お問い合わせはこちらの記事を参考にしてください。

oyakudachiafi.hatenablog.com

プライバシーポリシーはこちらの記事を丸パクリしました。(笑)

carbonjam.com

ちなみにここまでの状態で6月21日 8時37分に不合格通知来ました…

内容は「サイトの停止または利用不可」

何じゃそりゃ~~~~~~~

サブドメイン追加

不合格通知来てから色々調べていると

GoogleAdsenseでサイトの申請をするときに、サブドメインに、"WWW"をつけたドメインを追加するとよいという記事を見かけたのでやりました。

私の場合はドメインが"developer-sosa.com"なので"www.developer-sosa.com"で追加しました。

やったもののほんとに意味があるのか不明なのでご了承ください。

 

そしてここで2回目の申請をしました。6月21日の午後です。

今回は審査が早かった!6月23日0時07分、結果は不合格…

内容は「サイトの停止または利用不可」

またかいな~~~~~~~

URL転送

2度も落ちたのでかなり調べました。

そこでわかったことは、

どうやらはてなブログAdsenseは相性が悪い説があるということです。

そんなばかな…、チョイス間違えたーーーーーーーーーー

と思っていた私ですが、いまさら引き返す気にもなりません。

相性が悪いとしても最善を尽くせばきっと仲良くしてくれると信じた私は、"URL転送"に出会いました。

"developer-sosa.com"にアクセスして表示されないときでも

"www.developer-sosa.com"に飛ばしてあげる設定です。

こちらの記事を参考にしてください。

www.fullhoikutoninkatu.com

そして6月23日、朝9時ごろ申請。

6月24日、深夜2時10分「合格」きました~~~~~

 

まとめ

いかがだったでしょうか。記事数を稼がなくてもポイントを押さえて運営すれば、審査は通るということが分かりましたね。私自身こんなにすぐに合格すると思っていなかったのでびっくりですが、この記事を見てブログをはじめようか悩んでる人が一歩踏み出せたらうれしいです。

ある記事では審査を「申請し続けること」が合格の秘訣と書いていたので、諦めかけている方も、今一度「URL転送」など確認して申請してみてはいかがでしょうか。

 

なんていってますが、肝心の広告がモバイル版では表示されるのにWeb版で表示されず焦っています…。

何かわかったらまた記事にしますね。

 

以上。

【超初心者向け】Windowsパソコン講座③ ~操作編2~

前回の記事↓ではファイル操作などの基本操作について紹介しました。

www.developer-sosa.com

今回はエクスプローラーの操作を紹介していきます。

 

エクスプローラ

エクスプローラーはフォルダやファイルにアクセスする基本的なツールです。

一日に必ず1回は使うといっていいほど使うので、使いこなせると作業効率は格段にUPします。

使うときはタスクバーからワンクリック or WIndows+R

f:id:developer-sosa:20190619190800p:plain

エクスプローラ

f:id:developer-sosa:20190619193532p:plain

以下のパーツの説明をします。

①クイックアクセス

②OneDrive

③PC

④外付けディスク

⑤ネットワーク

⑥ツールバー

⑦フォルダ情報

f:id:developer-sosa:20190619193454p:plain

エクスプローラー詳細

①クイックアクセス

ここに設定すればワンクリックで指定したフォルダまでアクセスできます。ショートカットのエクスプローラー版といった感じです。

右側にピン留めマークが常に表示されているもので、マークなしは最近使ったフォルダです。

設定方法は対象フォルダを右クリックから"クイックアクセスにピン留め"

f:id:developer-sosa:20190620194714p:plain

クイックアクセス設定方法

エクスプローラーを開かずにタスクバーから右クリックでもアクセスできます。

f:id:developer-sosa:20190620203349p:plain

クイックアクセス

フォルダとドライブはピン留め可能ですが、ファイルは不可です。 

画像へ戻る

②OneDrive

OneDriveは、Microsoftアカウントがあれば、誰もで利用できるオンラインストレージサービスです。Windowsユーザであれば、誰もが簡単に設定できる上、タブレットスマートフォンからも使用できます。

無料で5GBまで使用でき、月額1ユーザ249円で50GBまで増量することも可能です。

私は無料で15GBまで使えるGoogleDriveを愛用しているのであまり使いませんが、操作画面が比較的使いやすくなっているので少量の画像を共有したい時など使うと便利です。

画像へ戻る

③PC

現在使用中のパソコンのドライブやデバイス全てにアクセスできます。

Cドライブなどよく使うフォルダはクイックアクセスにピン留めしているので使いませんが、SDカードなど外部機器を接続時にはここからアクセスします。

画像へ戻る 

④外付けディスク

 Cドライブ以外の増設されたドライブがここに表示されます。

画像へ戻る

⑤ネットワーク

同じネットワークに存在し、検出が可能となっているデバイスやフォルダが表示されます。

画像へ戻る

ツールバー

ここからでもコピーや名前の編集などが可能です。

押さえておきたいのは、表示タブからファイル名拡張子を表示することが可能です。

拡張子とは、jpg,png,xlsx などファイルを識別するためのもので、すぐには必要はないかもしれませんが、使っていくうちに必要になってくると思うのでここでチェックを入れておくことをおススメします。

画像へ戻る

⑦フォルダ情報

こちらに①~⑤の中からクリックしたフォルダの中身が表示されます。

基本的にはここからダブルクリックで進んでいきます。

名前や更新日時をクリックすると並び順を変更することも可能です。

右クリックからプロパティでファイルの種類、場所(パス)、作成日時など確認できます。

画像へ戻る


まとめ

エクスプローラーはパソコンのあらゆるところにアクセスでき、ファイルの作成や移動など様々な操作を行える、基本的なアプリです。より効率的に作業を行えるように、クイックアクセスに登録したり、フォルダの構造を整理をしたり、こまめにメンテナンスを行いましょう。

 

以上。

お問い合わせ